2018/01/08

平成30年「謹賀新年」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら

新年あけましておめでとうございます!

 

青森県五所川原市にある「つがる総合病院」に勤務して2年目になりました。

歯科医院や病院の皆さんと協力しながら、口腔外科医として地域医療にたずさわっています。

 

おかげさまで昨年の目標だった「英語論文を3本書くこと」と、「香港での国際学会で口演すること」を達成できました。

健「口」長生きプロジェクトの一つとして、「マイナビニュース」の連載『「口」は命の入り口』をスタートし、1年間で15本の記事を書き、情報を発信してきました。

 

日々の診療で、強く感じるのは『「口」は命の入り口』ということ。

だからこそ、私はブログや本を通して、「口」からの健康と「予防」をこれからも広めていきます。

 

平成30年の目標は、国内外の科学雑誌に論文を7本投稿することです。

もう少し大きな目標として、「口」の大切さを伝える本を出版します!

 

こうした活動の一つひとつが 『病気で後悔しない世界』につながると私は信じています。

 

私事ですが昨年結婚したので、これからは家族を大事にしつつ、歯科医療の本質である「予防」を短命県といわれる青森に、高齢社会の日本に、そして世界に広めていきます。

 

こうやって活動できるのも応援してくださる皆さんのおかげです!

本当にありがとうございます!!

 

日々のちょっとした意識で未来は変わります。

健康も同じで、日々のちょっとした「予防」の意識で未来は変えることができます。

 

「予防」はすべて「口」からはじまります。

資産である健康を一緒に積み上げていきましょう。

今年もよろしくお願いいたします!!

 

平成30年1月2日 古舘 健

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© KEN's blog , 2018 All Rights Reserved.