2018/02/16

第13回 「花粉症と合併しやすい口腔アレルギー症候群の症状を解説 – 命を落とす例も」 が掲載されました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、古舘健です。

連載をさせていただいている
「マイナビニュース」で新しい記事が掲載されました。

今回は、
「花粉症と合併しやすい口腔アレルギー症候群の症状を解説 – 命を落とす例も」です。

スポンサーリンク

食事のときに「口」の中が腫れたり、ピリピリしびれたという方がいます。
「口」のアレルギー反応について、とくに花粉症で悩む方のために書きました。

フルーツや野菜を食べた後、「口」だけでなく、じんましんが出たり、息苦しくなったりする方は、命に関わるアナフィラキーになる危険性があります。

現時点で、「口腔アレルギー症候群」の治療は、<正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去>です。
一人で悩まず、まずはアレルギー科、耳鼻咽喉科、皮膚科などの専門家に相談したいですね。

ぜひ読んでみてください!

http://news.mynavi.jp/series/oralcare/013/

「特定のたんぱく質(抗原)に対する免疫の過剰な反応は、「口」から食べるとおさえることができるようになっていきます(経口免疫寛容)。
そのため、食物アレルギーは、少量から食べて慣れていく治療法がありますが、「口腔アレルギー症候群」はどうやら違うようです。

「口腔アレルギー症候群」は、花粉症の方が、フルーツや野菜を食べたとき、体に花粉が入ってきたと勘違いして、過敏な防御反応がでてしまった状態だからです。

「口」の中の腫れ、かゆみ、ピリピリ感などの自分の感覚を大事にして、重症になるのを防ぎたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© KEN's blog , 2017 All Rights Reserved.