2018/02/17

第11回 「口内炎と見間違える可能性もある口腔がんの恐怖」 が掲載されました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。口腔外科医の古舘健です。

連載をさせていただいている
「マイナビニュース」で新しい記事が掲載されました。

スポンサーリンク

舌や歯肉など、口の中にできるがんを心配されている方のために書きました。

今回は、
「口内炎と見間違える可能性もある口腔がんの恐怖」です。

 

口腔がんの特徴と、口内炎との見分け方についてお話しています。

 

口の中にできるがん(口腔がん)は、2cm以下で転移のない初期の状態では、ほとんどの方がよくなります(StageⅠの5年生存率は85~95%)。

また、口腔がんの約60%が舌に、とくに舌の横側にできます。

特徴がわかれば、口腔がんはもちろん、口の中の病気に気づくことができるチャンスも高まります。

 

この記事がきっかけで、口の中にもっと興味をもってもらえたら嬉しいです!

ぜひ読んでみてください!

http://news.mynavi.jp/series/oralcare/011/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© KEN's blog , 2017 All Rights Reserved.