2018/02/15

前向きに生きる「強さ」を教えてくれる本。家庭や仕事の悩みの中で人生を変える生き方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、古舘 健です。

「かっこいいな、この本」
本書を手に取り、タイトルの「サバイブ」のデザインを見たときにそう思いました。
奇才の漫画家 麻生羽呂(あそう はろ)氏と生物学の天才 篠原かをり氏による待望の2作目です。

前書の[LIFE&ライフ&人間が知らない生き方]は20種類の生き物たちの生存戦略を紹介してくれる本でした。

本書は、生物の「強さ」にフォーカスした本です。
自然界には「強くなければ生き残れない」という絶対のルールがあります。
そのルールの中で勝ち残ってきた「強さ」とは何なのか。

力、知、愛、体力、集中力、チームワーク、走力、毒などなど。
72種類の生物がもつそれぞれ「強さ」から「強さの本質」に迫る本です。

例えば、圧倒的な力をもつ恐竜王「ティラノサウルス・レックス」。
その恐竜王も凌ぐ20トンの咬む力をもつ「メガロドン」を絶滅させ、海の王者に君臨した生物がいること。

(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

人が抜けられていない戦いの連鎖を抜けた「ボノボ」やネコ科の「サーバル」がいること。
「ボノボ」が争いに発展しそうになると始めることや、「サーバル」がエサをとる縄張りがかぶっていてもケンカにならない理由が面白かったです!

ビックリしたのは、20~1000のハーレムをつくり、1回の繁殖期に50近いメスを妊娠させ、さらに自分のエサはメスにとってきてもらう生物がいること。

他には、キノコを栽培しながら、30種類の分業をし、合理的で持続可能な社会を営む生物がいること。
様々な「強さ」は、自分の想像をはるかに超えていました。

意外だったのは、強敵の多いアマゾン川の頂点に君臨する生物が、水族館の人気者の「カワウソ」の仲間「大カワウソ」だということ。

話は少しそれますが、本書で紹介されていた「大カワウソ」に関連する話が、世界180ヵ国で840万部発行される「ナショナルジオグラフィック」のトップニュースで、最新の研究結果として、紹介されていました(ナショナルジオグラフィック ニュース「太古の巨大カワウソ、水辺の支配者か、最新研究」2017.11.14)。

本書の内容は、それだけ新しくインパクトのある内容なのかもしれませんね。

漫画で読みやすいので、小学生でも読むことができます。
いろいろな「強さ」を漫画のイラストで楽しく学ぶことができます。

Kindleでも買いましたが、漫画なので読みやすかったです。
本書のように何度も読み返したい漫画はそう多くありません。

私は、歯科医師として、よく噛むことを勧めていますが、本書は読めば読むほど新しい気づきを得られる本なので、よく読むことをお勧めします!
読み返すたびに発見があるからです。

急激に変化する世界、その中にある日本、もっと身近な地域、職場、学校、家族の中で、多様性の中に自分が置かれたとき、どんな「強さ」を選べば良いのか。

「強くなければ生き残れない」という自然界の絶対ルールの中、生物たちが選んだ「強さ」。

本書は、新しい「強さ」を教えてくれる本です。
ぜひ読んでみてください。

(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

 

◆目次◆

01 負けない
解説 しかし、海の王者は生態系を崩さない ~シャチの話
02 あきらめない
解説 人類はまだ、86%の生物を知らない ~「新種発見」の話
03 争わない
解説 ファイトorラブ? ~ボノボとチンパンジーの話
04 見かけによらない
解説 野生には、野生の使命がある ~スローロリスの話
05 追いつけない
解説 最速スプリンターの憂鬱 ~チーターの話
06 手段を択ばない
解説 その求愛は、信頼・努力・愛の結晶 ~オナガセアオマイコドリの話
07 傷つかない
解説 お願いだからかまってください ~ウォンバットの話
08 動じない
解説 限りある資源を、シェアして生きる ~コアラの話

09 屈しない
解説 環境変化、恐るるに足らず ~極限生物の話
10 計り知れない
解説 46億年、遺伝子をめぐる旅 ~不思議な交雑の話
11 狙われない
解説 「独のある動物」=「危険動物」ではない ~有毒生物の話
12 おさえきれない
解説 ウサギはたぶん、寂しくて死ぬのではない ~おさえきれない動物の話
13 動かない
解説 男もいろいろ、女もいろいろ
14 型にはまらない
解説 「邪悪な動物」の美しき真の姿 ~ハイエナの話
15 求めない
解説 世界でもっとも完成された組織 ~ハキリアリの花
おまけ????

参考:

太古の巨大カワウソ、水辺の支配者か、最新研究」 ナショナルジオグラフィック日本版サイト

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

 

さいごまで読んでくださり、ありがとうございます!

ぜひチェックしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
口腔外科医(歯科医師)。医学博士。北海道大学卒業後、 日本一短命の青森県に戻り、地域医療に従事。バルセロナ、メルボルン、香港など国内外の学会で研究成果を発表。「口」と体を健康に保つ方法を体系化、情報を発信している。趣味は読書(Amazon「ベスト100レビュアー」)とハンドボール。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© KEN's blog , 2018 All Rights Reserved.